フィットネスをするかしないかで平均年収が変わる?

定期的にフィットネスを行う人は、行わない人に比べて平均年収が高いというのは本当でしょうか。また、多くのビジネスリーダーがフィットネスを行っているというのは本当でしょうか。実際にフィットネスを行うことによって肉体・精神に与える影響をはじめ、実際に行った人々がビジネスやプライベートで行動に変化が生じたかどうか確認してください。

フィットネスとは?エクササイズと違うの?

エクササイズとは、運動全てを総称した言葉とされています。ラジオ体操やウォーキング、ストレッチなどもこれらのひとつとして定義されています。対してフィットネスとは、健康にかかわる意味で求められている状態になることを指す言葉です。

肉体的に求められている状態が、健康であることを意味している単語として知られています。

つまりエクササイズは趣味で行っている運動からアスリートになるまでの運動まで、多くの運動をひっくるめた言葉として使用され、フィットネスは健康維持や健康になるために行う、セルフケアの一貫としての運動として、違う言葉になっているといえるでしょう。

日本国内ではエクササイズという言葉をダイエットや美容のために使用していることが多く、年代を問わず女性に関心の高いキーワードとして認識されています。

対してフィットネスの場合、自分で自分の身体を管理し、健康維持を図るためのポイントとして認識する人が少なくありません。キーワードに反応する人もエクササイズより男性の比率が高い言葉といえます。ダイエットではなく、あくまでも自己管理の一貫であり、健康で仕事を続けられるようにするための体力維持やボディラインを保つための言葉といえるでしょう。

フィットネスを行うビジネスパーソンの平均年収が高いって本当?

ある地域でジョギングを行っているビジネスパーソンの年収を確認したところ、年収700万円以上の人が過半数であったといわれています。また、年収1000万円以上のビジネスパーソンが行っている趣味の半数以上が、アウトドアやスポーツを楽しむためのものでした。

休日や朝など、自由な時間を使って運動をする習慣のある人ほど、年収が高い傾向にあるということが、多くのデータから知られています。海外でも年収の高い人の過半数が運動をする習慣があると回答しているため、世界中で高収入の人は運動する習慣であるといえるでしょう。

また、年収1000万円以上のビジネスパーソンのほとんどが、体を資本と考えているからか、フィットネスに通うことが多いです。

身体を健康に保つためには食習慣や生活習慣を整えるだけではなく、筋肉を鍛えることも必要だと感じているからだといわれています。

自分の体重をキープし続けることによって、ビジネスやプライベートの予定管理を初め、様々なビジネスシーンに役立つと考えるビジネスパーソンが少なくありません。結果として身体の健康を維持し続けることによって、健康と仕事での成功を手に入れたいと考える人が続けているといいます。

フィットネスを行うことによって心身への影響は?

ハーバード大学の研究によって、運動を行うことによって脳の活性化が図れるという説が登場しました。運動を行うことによって、神経細胞や血管形成が促されるといいます。ドーパミンやセロトニンといった思考や感情に影響を及ぼす神経伝達成分が分泌されるようになったり、ニューロンを増やす効果や、認知効果を高める神経結合を増やす働きへの期待が高いです。

また、運動をすることによって脳と筋肉それぞれで信号を出し合うことになるため、結果として脳が活性化することも知られるようになりました。更に継続的に有酸素運動を実施することで、記憶をつかさどる部分が肥大するといわれています。

運動を継続することによって、脳への影響は一般的に知られているよりも大きいです。脳が活性化されることだけではなく、身体への影響も高いといわれています。運動によって筋肉を維持、あるいは強くすることができることはもちろんです。

筋肉を維持することによって、年齢が上がるに連れて起こりがちな筋力低下による関節痛をはじめ、躓きやすさや疲れやすさといったリスクから開放されます。また、ビジネスシーンで迅速に行動できるようになり、他社よりも早く取引先の契約を取ることも可能です。

筋肉を維持して脳が活性化されることによって、前向きで思考力に柔軟性が高まり、ビジネスのアイディアも沸きやすくなるといいます。

どれくらいの頻度でフィットネスをしたらいいの?どんな運動がいい?

フィットネスとはいえども、いきなり激しい運動をすることは良くありません。乳酸が発生して筋肉痛が起こることや、疲労が蓄積されて却って身体に負担をかけてしまうからです。適度な有酸素運動を継続することが脳や身体に良い影響を与えると知られているため、現在の身体の状況によって軽めの運動からスタートしたほうがいいでしょう。

筋肉を鍛える筋肉トレーニングは、最も身体に負担が少なく筋肉を鍛えることができるといわれています。フィットネスジムなどでトレーナーによる的確な指示があると、更に効果的です。

自己判断で筋肉トレーニングを行うだけでは、身体的な負担が発声しやすくなる可能性が少なくありませんので注意してください。最適な筋肉トレーニングの頻度は、週2回といわれています。適度に休ませることで筋肉を正常に維持できるようになるからです。

ウォーキングは手軽に運動できる方法のひとつです。

ジョギングも人気が高いですが、初心者である場合はウォーキングからはじめましょう。正しい姿勢を維持しながら最初は短い距離を、徐々に長い距離を歩くことで脳や筋肉への影響を高めることができます。最初は週1回からはじめ、できれば週4回程度行いましょう。

合わせて読む:フィットネスとプロテインの関係性

いつ行ったらいいの?

意外かもしれませんが、午後4時から7時くらいの間が一番体温が高く、継続しやすいといわれています。運動を行うことによって筋肉への影響も高くなるため、夕方できる時間がある人であれば、夕方実施してください。それ以外であれば、隙間時間に実施することをおすすめします。

実はインターバルを空けて何度か繰り返して運動することは、脳を活性化させるのに最適だからです。昼休みにちょっとした時間を使うことや、電車の乗換えを待つ間に運動をすることだけでも、継続することによって効果を発揮します。

朝は身体がまだ目覚めきっていないため、筋肉トレーニングやジョギングを行うことは身体への負担が高いため、念入りにストレッチを行って身体をほぐしてからはじめるか、おきて2時間以上たってからはじめましょう。